自費出版の基礎知識

本の各部の名称

表紙(ひょうし) 書籍本体の一番外側の部分です。背・小口以外の平らな部分を「平」といい、上製本では箔押しされることが多いです。
背(せ) 本を束ねている部分です。上製本ではここにも箔押しをされることが多く、丸背・角背、ホローバックやタイトバックなど仕様もいくつかあります。
溝(みぞ) 表紙の両面、背と平の境目です。本を開きやすくするための加工です。
チリ 上製本において本文よりも外側にはみ出ている部分です。本文の保護を目的としており、一般的には3ミリ程度出ています。

天(てん) 本の上の部分。「頭」ともいいます。
地(ち) 本の下の部分。「けした」ともいいます。通常ここにノンブル(頁数)が入ります。
小口(こぐち) 本を開く側(切り口側)のこと。背の反対側を指します。
帯(おび) 表紙やカバーの更に外側にかけられる紙。内容説明やキャッチコピーで本の魅力をアピールし、手にとってもらうことを目的に巻かれます。
束(つか) 本の厚さ、背幅のことです。本文用紙の厚さと頁数からおおよそ計算でき、表紙やカバー、帯のデザインをする上で重要な項目です。
のど 本を綴じている側。中身の背に接する部分です。
カバー 表紙の上にかけられている外被。表紙の傷みや汚れの防止を目的としますが、本の「顔」ともいえる部品です。様々なデザインはもちろん、表面加工・素材も多種多様です。
見返し(みかえし) 両表紙の内側に貼付された紙です。表紙に貼付されていない本文側を「遊び」と言います。
本扉(ほんとびら) 本の「中身」の最初のページです。主に書名や著者名、出版社名などが表記されています。本文と異なる紙を用いたり、カバー・表紙のデザインと統一されたデザインであることが主流です。
花ぎれ(はなぎれ) 中身の背側、天地に貼り付けられた細い布です。接着の補強が目的ですが、表紙の色やデザインにあわせた色や柄を用いて装飾としても使用されます。「ヘッドバンド」ともいいます。
スピン 天側の本文と背に固定されています。「しおり」とも呼ばれ、ページの多いものや辞書などには2本以上つけられることもあります。

本文の各部の名称

版面(はんめん) 本文が印刷される範囲です。「はんづら」とも読みます。
余白 天・地・左右・のどにそれぞれある印刷されない部分です。のどの余白は「のどあき」ともいい、文字や写真が見えなくなったりしないよう、印刷時に特に注意する余白です。
書名・章題や短編の題名などが表示されます。レイアウト位置は天地や小口側に置くこともあります。
ノンブル 本文のページ番号です。柱と同じくレイアウト位置は様々で、目次などの前付けにはローマ数字が使用されたり、白紙ページには打たなかったり(隠しノンブル)と、本によって体裁は様々です。
字間 文字と文字の間隔のことです。通常は「ベタ組」という活字の大きさそのものを並べることが多いですが、絵本や詩集などでは字間をあけたり、文字サイズを大きくしたりして、読みやすくすることもあります。
行間 行と行の間。ルビ(ふりがな)のスペースを空けるという意味でも、通常文字の大きさの半分(半角)以上の空き幅を設けます。
縦組み・横組み共に、通常は1段組みが基本ですが、原稿の量によっては、2段組や3段組にして調整することもあります。
段間 2段組以上にする際の、段と段の間です。通常は2文字分以上空けることが多いです。
写真・図版 本文中の写真や図版です。前や後に固めて、別紙で「口絵」とすることもあります。
キャプション 写真や図版に付記されたタイトルや解説文です。写真や図版の上に乗ることもありますが、文字ふちをつけるなど注意してレイアウトしないと文字が読めないことがあります。

本の製本様式

大きく書籍の製本方式には「上製本(ハードカバー)」と「並製本(ソフトカバー)」の2種類があります。

上製本(ハードカバー)

ボール紙を芯に表紙貼りを施した、丈夫な造りの本です。表紙貼りには一般的な用紙を用いた紙クロスから、布・革・合皮張りする布クロスがあります。通常の印刷はもちろん、文字の金箔押しなど豪華な仕様にすることも可能です。
表紙にチリがあるのも特徴で中身を保護するため表紙が本文より一回り大きくなっています。「花ぎれ」や「スピン」などで、本の耐久性はもちろん、見た目のデザインにも工夫が可能です。
上製本はさらに、背の形状によって「丸背」「角背」、さらに「ホローバック」「タイトバック」「フレキシブルバック」などに分けられます。

ホローバック

開閉が自在で読むのに都合がいい一般的な用式です。しかし、背固めが悪いとこわれやすいという欠点もあります。

タイトバック

背の形も崩れず、背文字もいためませんが開き具合がホローバックに劣ります。頁数の多い厚い本には不向きです。

フレキシブルバック

表紙の背と中身の背とが密着している用式です。背が柔軟に出来ており、開閉も良いですが、弓なりに曲がるので背文字が痛みやすいという欠点があります。


並製本(ソフトカバー)

一枚の厚紙を表紙に用いた製本用式。表紙と本文用紙の大きさが小口天地と揃っているのが一般的です。上製本よりも費用を抑えることができ、カバーや帯を巻くことで上製本にも引けを取らないデザインにすることも可能です。


特殊製本

上製本や並製本の他にも、和綴じや折本、小口折製本にフランス装など様々な製本用式があります。もちろん通常の製本用式よりもお値段は上がりますが、ご興味のある方は是非ご相談ください。

校正・編集作業に用いられる言葉

入稿(にゅうこう)

お客様から印刷所が原稿をいただくことです。その際、版面を何字×何行で組むのか、どの書体(フォント)を使用するかなど、細かい指定を行う必要があります。様々な本づくりに携わったベテランの担当者が、お客様ごとに提案させていただきますので、ご心配されることはありません。


ポイント/級

文字の大きさを表す単位です。「ポイント(P)」はもともと活版印刷(活字)の単位で、1ポイントは72分の1インチで、約0.35ミリに相当します。「級(Q)」はその後に開発された写真植字(写植)の級数です。「Q」は4分の1mm(quarter)の意味です。


ゲラ(校正刷り)

入稿の際の指定に従って、印刷所が作る「試し刷り」です。入稿して最初に作られるものを「初校」、初校で指示した修正がきちんと反映されているかどうかを確認するために二度目に作るものを「再校」と言います。以降、「三校」「四校」と数字が増えていき、「念校」となりますが、通常は再校までで修正作業が完了することがほとんどです。「ゲラ」というのは英語の「galley」のなまりです。


校正

原稿の内容通りに印刷されているか、文字や用語に誤りはないかなど、ゲラを確認する作業です。間違いが見つかった場合は、赤字で修正指示を書き込むことから、校正作業のことを「赤字を入れる」とも言います。


校了

校正者が「これ以上修正する箇所がない」と確認し、印刷・製本を開始してもよいと判断した状態です。
最終で若干の修正箇所があっても、新たにゲラを出してもらう必要がないと判断した場合は、印刷所が責任をもって修正するという前提で、印刷開始を認めることもあります。この場合は「責了(責任校了)」と言います。

用紙について

上質紙

化学パルプ100パーセント使用の紙の総称です。主に事務用伝票・メモ帳・ノート・原稿用紙などに用いられます。厚手のものは郵便葉書や名刺などにも用いられます。会社やご家庭でお使いになるコピー用紙も上質紙の一種で、この上質紙を断裁してパッケージされたものです。近年は家庭用インクジェットプリンターの普及に伴い、インクジェット適性を付加したコピー用紙もあります。


コート紙

上質紙などの表面に1平米あたり20kg前後のコート剤・白土(クレー)が塗布されている用紙のことです。一般的な商業印刷、特にチラシなどに最も多く用いられている、ツルツルとした用紙です。両面に少々の光沢があり、写真や色の再現性にも優れています。鉛筆で書き込んだり、スタンプを押したりするには向いておりません。


マットコート紙

コート紙と比べて光沢が抑えられており、落ち着いた雰囲気を演出したい場合に最適です。
光の反射による紙面のちらつきが少ないため、パンフレットなどによく使用されます。マット調な紙面を再現したい場合におすすめで、筆記性に優れているため、鉛筆・ペンなどで文字などを書き込むことも可能です。もちろんカラー印刷にもおすすめです。


特殊紙(ファンシーペーパー)

豊富な色・風合いを持ち、高い装飾性を持つ紙の総称です。各メーカーで銘柄ごとに多くの色があるのはもちろん、エンボス加工などによる手触りも様々で、視覚的にも触感的にも非常に個性的です。カバーや表紙、見返し・扉の装丁など、様々な使用用途がありますが、上質紙・コート紙などに比べて高価なのが難点です。


書籍用紙

本文専用の用紙です。紙質は上質紙に近いですが、文字を見やすくするために上品な薄クリーム色に染色されています。腰が弱く、やわらかな紙面を持っており、書籍の本文用紙・楽譜用紙などにおすすめです。

印刷方式について

オフセット印刷(枚葉印刷・平版印刷)

一般印刷の代表的な印刷方式です。印刷機には、1枚1枚が切り離されている枚葉紙をセットして印刷します。オフセット印刷は、印刷できる紙の寸法、一度に刷れる色数などの違いで大小さまざまな印刷機があり、数百~数千部の印刷に用いられます(頁数・サイズにもよります)。比較的ロットの大きい本の印刷はこのオフセット印刷でご提案させていただきます。


オンデマンド印刷

オンデマンド印刷は、小ロットでも迅速かつ安価に印刷できる方式です。大量に印刷する場合は印刷の「版」を作る必要があり印刷物の完成まで時間がかかりますが、プリンターを大型高速化させたデジタル印刷機で印刷を行います。近年印刷機の性能が上がり、仕上がりもオフセット印刷におくれを取りません。


オフセット印刷(輪転印刷)

オフセット印刷の中でも、大部数(新聞やカタログなど)を印刷する際に行われる印刷方式です。枚葉(平版)印刷と区別するために輪転印刷と呼ばれます。枚葉機ではカットされた紙を使用して印刷を行われるのに対して、輪転機はロール紙を使用します。自費出版や書籍の印刷に使われることは(大部数の雑誌などを除いて)ほぼありません。

よくあるご質問(Q&A)

Q本が出来るまで、どれくらいの期間がかかりますか。
A印刷製本のみの期間はおよそ1~2週間ですが、校正回数・編集内容・頁数などによって制作期間は大きく変わってきます。初回打ち合わせ時などに原稿を確認させていただき、担当者がご入稿から納品までの大まかな工程表を作成させていただきます。
Q入稿のデータはどのような形式にすればよいでしょうか。
A当社ではWord・Excel、一太郎、パワーポイント、PDF、Illustrator、Photoshop、その他、一通りのMac/Windowsのデータに対応しています(フリーソフトの場合は一部対応していない場合がありますので前もってご確認ください)。もちろん手書きの原稿でも結構です(別途文字入力代が発生いたします)。
Q自費出版(本をつくる)のが初めてで、どの紙を使用したら良いのかわかりません。
A使用する用紙に関しましては、お見積フォームの「お任せ」にチェックをお入れください。書籍の内容や頁数などに応じて、担当が適した用紙をご提案させていただきます。お打ち合わせ時には用紙の見本帳で実物を見ながらお選びいただけます。
Q知人に配るだけなので部数がそんなに多くありません。最低部数は何部から作製可能でしょうか。
A最低部数は決まっておりません。小部数にはオンデマンド印刷・製本で対応させていただきますので1部からの作製も可能です。但し、部数によってはオフセット印刷の方が1冊あたりの単価がお安くなることがございますので、部数に応じた印刷方式をご提案させていただきます。
Q「企画出版」「協力(協同)出版」は行っていますか?
A残念ながら、弊社では行っておりません。私どもでは費用を著者にご負担いただく「個人出版」を自費出版として承っております。ご了承下さい。