製作実績

自省録

書名のとおり、著者、浅川清氏の幼年期から思春期、学生時代を経て中期高齢者に至るまでの人生を自省的に記した書である。
圧巻は最終章の第六章「ふたりでひとり」で、最愛の妻みさよさんの最期を看取った壮絶とも言える老々介護の記録である。
巻末に添えられた筆者の母の「浅川ちず子遺歌集」が著者の著者たる所以を示唆して余りあるものになっている。
お問い合わせ お電話または「お見積もりフォーム」よりお問い合わせください。
電話番号:075-361-9121(受付時間:平日(月〜金)9:00~18:00)